痩せたい!と思い、今までダイエットをした経験のある女性は多いのではないでしょうか?

 

今回は4回シリーズで

「身体の内側から健康的に痩せる体質改善ダイエット」

をご紹介していこうと思います。

 

年齢とともに代謝が落ち、痩せにくい身体へ変化

ダイエット1

わたしの様に20代後半になってくると、

 

  • 何をやっても痩せない
  • ダイエットは辛くて続かない
  • 昔と違って体の肉の付き方が変わってきた
  • 産後に体型や体質が変わってきた

 

などと言う声を、よく聞くようになってきました。

 

こういった訴えは、このコラムを読んでいるあなたも経験があるかもしれません。

 

ダイエットのイメージは辛く苦しい?

ダイエットと言うと一般的には、

 

「食事制限があって、好きな物を我慢しなくてはならない」

「ハードな運動を継続しなければならない」

「痩せてもリバウンドしちゃう」

 

という様なマイナスなイメージがありますよね?

 

これもダイエットを行うにあたって、続かなくなる要因のひとつなのです。

 

今まで流行った3つのパターンのダイエット

今までに流行したダイエットには3つのパターンがありました。

 

1、食事を極端に偏らせたり、減らしたりするダイエット

例えば、リンゴダイエット、ヨーグルトダイエット、朝バナナダイエットなどです。

 

2,○○するだけで痩せるダイエット

例えば、巻くだけダイエット、骨盤枕ダイエットなどがこれに当たります。

 

3,激しい運動を行うカロリー消費ダイエット

皆さんご存知の、ビリー隊長の教えるビリーズブードキャンプや、コアリズム、TRFのダンササイズなどです。

 

3つ目のタイプのダイエットは、わたしもよく挑戦していました。

 

これらのダイエットは一時的に流行り、結果が出た方もいるかもしれません。

 

しかし、一生同じ物だけを食べ続けたり、永続的に激しい運動をする、ということはなかなか大変ですよね。

 

また、○○するだけダイエットは結果が出るまでに時間がかかる、効果を体感しにくいということから、こちらも継続することが難しかったりします。

 

ダイエットはストレスとの闘い?

ストレス1

このように、上記したダイエットの種類はストレスの原因になりかねず、マイナスのイメージに繋がりやすい方法であり、ダイエットが続かないという根本的な問題を引き起こしやすいと言えます。

(ストレスとダイエットの関係については、当サイトの他コラムでも触れています→ダイエットの敵は『ストレス』?

 

また、毎年のように色々な流行りのダイエットが登場していますが、いずれも続かなかったり、効果が出なかったりしているのが現状です。

 

では、なぜこのような色々なダイエット方法は続かなかったり、効果が出ないのでしょうか?

 

次回のコラムでは、この辺りを詳しくお伝えしていこうと思います。

身体の内側から健康的に痩せる「体質改善ダイエット」2を読む

The following two tabs change content below.
Azusa

Azusa

鹿児島県内の総合病院にて理学療法士として勤務。 理学療法士として勤務する傍ら、ヨガについて本格的に学ぶ。 ヨガベーシックインストラクターの資格を取得し、鹿児島市内のヨガ教室「クールマ-Kurma-」を設立。 現在はクールマ代表として、ヨガを通じ多くの人の豊かなライフスタイル実現を提案中。