ヨガは健康維持はもちろんのこと、ダイエット効果もあります。

 

即効性はないものの、続けていくうちに体がほぐれて全身の細胞が活性化し、リバウンドしにくく痩せやすい身体へと体質も改善されていきます。

 

ゆっくり少しずつ、自分に合ったペースで実践すれば自然と身体の変化を感じられるはずです。

 

ヨガのダイエット効果について

有酸素運動

 

ヨガは有酸素運動無酸素運動の効果が同時に得られます。

 

有酸素運動とはウォーキングやジョギング、無酸素運動とはダンベル運動やスクワットなどですが、ダイエット効果を得るには両方の運動が必要です。

 

ヨガは深い呼吸をしながら体を動かすので、有酸素運動の効果があり体脂肪が燃えやすくなります。

 

また、ヨガのポーズを取ることで普段使わない筋肉が刺激されて、無酸素運動の効果もあります。

 

ヨガはジョギングなどと比べると運動による消費カロリーが高いとは言えませんが、ヨガをすることで筋肉の柔軟性を保つことができます。

 

筋肉をいつも柔軟にしておくことで、立ったり、座ったり、かがんで荷物を持ち上げたりといった日常の動作がスムーズにできます。

 

日常生活でフットワークが軽くなると、余分な脂肪がつきにくくなります。

 

1日10分10日でヨガによるダイエット効果が

yoga01

 

ヨガを行うと、食欲をコントロールする脳の摂食中枢の働きが整えられ、過食に走るのを抑えることができます。

 

また、甲状腺ホルモンなどが活性化し、脂肪の代謝が良くなります。

 

そしてヨガの効果を最大限に感じるポイントとして、少しずつでも毎日行うことが挙げられます。

 

ヨガは基本的にはインストラクターの元で行うのが一番ですが、毎日通うのは難しいと思います。

 

そんな時は、忙しくても就寝前などに1日10分の時間をとり10日間続けると、体の変化に気付くことができるでしょう。

 

基本的にはインストラクターの元へ通い、通えない日はセルフプラクティスでヨガを継続する、というサイクルをおすすめします。

 

ヨガのポーズを行うときは、まずゆっくりと呼吸を深めてから、徐々に身体を温めるようにポーズを取っていきます。

 

また、ポーズの終了後はシャヴァーサナ (屍のポーズ)でゆっくりクールダウンを行いましょう。

 

1回にいくつものポーズを行うよりは、ひとつのポーズを丁寧に行う方が効果的です。

 

朝ヨガと夜ヨガを取り入れて痩せ体質に改善

ここからは痩せ体質を作るために、朝と夜に取り入れたいポーズ2選を解説していきます。

 

朝は「赤ちゃんのポーズ」

朝に取り入れたいポーズがこの「赤ちゃんのポーズ」で、特に便秘がちな人へおすすめです。

 

仰向けに寝て、息を吐きながら両ひざを折り曲げ、両手で抱かえ込んで太ももを胸に引き寄せて、身体を丸めてキープします。

赤ちゃんのポーズ1

赤ちゃんのポーズ2

赤ちゃんのポーズ3

 

ゆっくりと吸って→吐いてを1呼吸として、10呼吸行っていきます。

 

このポーズは、お腹が刺激されて胃腸の働きが活発になり便秘解消効果があり、その他にも、美肌や腰痛の予防と改善に有効です。

 

夜は「横たわった英雄のポーズ」

夜に取り入れてもらいたいのが、この「横たわった英雄のポーズ」。

 

特にぐっすり眠れない人は、寝る前に行うことをおすすめしたいポーズです。

 

両足を外側に開いた状態で正座をし、ゆっくりと仰向けになって両腕を真っ直ぐ伸ばし、1分ほどキープします。

横たわった英雄のポーズ1

横たわった英雄のポーズ2

横たわった英雄のポーズ3

 

この場合の呼吸もゆっくりと吸って→吐いてを意識し、行っていきます。

 

このポーズは、不眠症の改善効果があり、また、股関節やひざ、足首など下半身のすべての不調を整える働きがあります。

 

このヨガのポーズはベッドの中でも簡単におこなえるので、ヨガを始めるきっかけとしておすすめです。

 

ヨガを毎日続けることで代謝が良くなり、徐々に体重が落ちやすくなっていきます。

 

季節の変わり目は体調が悪くなりがちですが、簡単なヨガのポーズを朝と夜の習慣にするだけで体のリズムが整ってきます。

 

心も身体も健康になれるヨガ

ダイエット

 

ヨガを生活に取り入れるとダイエット効果が得られるだけでなく、姿勢が良くなり、立ち振る舞いが美しくなります。

 

私たちの身体や心は陰と陽のバランスがとれた状態がベストなのですが、どちらかに傾くと心身のバランスが崩れて、太り過ぎやうつ症状などが起こる場合があります。

 

インストラクターの元へ通いつつヨガを習慣的に行うことで、ストレスが解消され安定した心と身体が保てるようになってきます。

 

まとめ

ヨガには様々な流派がありますが、それぞれ方法が違っても、どのヨガも身体の健康と心の平安を目指しています。

 

自分に合ったヨガを選び、無理せずマイペースで規則正しく続けると、新陳代謝が良くなり自然と身体が引き締まっていくことでしょう。

The following two tabs change content below.
Azusa

Azusa

鹿児島県内の総合病院にて理学療法士として勤務。 理学療法士として勤務する傍ら、ヨガについて本格的に学ぶ。 ヨガベーシックインストラクターの資格を取得し、鹿児島市内のヨガ教室「クールマ-Kurma-」を設立。 現在はクールマ代表として、ヨガを通じ多くの人の豊かなライフスタイル実現を提案中。