更年期障害のさまざまな症状を改善するには、運動で血行を良くして、体の細胞を活性化させることが有効です。

 

身体と心は連動しているので、ヨガをすることによって漫然とした不安感やイライラ感が徐々に解消されていきます。

 

ですので、ヨガを続けることで心も身体も元気になり、更年期障害に負けない身体作りを目指すことができます。

 

更年期障害とは

更年期障害

 

女性の多くが40代後半から50代かけて生理が不規則になり、めまいや息切れ、顔のほてりや動悸、頭痛、冷え性、腰痛、肩こりなどさまざまな症状に悩まされます。

 

このような症状は、自律神経が乱れることによって起こります。

 

自律神経は、自分の意思とは関係なく無意識のうちに体を動かす神経で、血液を流したり、呼吸をしたり、食べ物を消化するなどあたりまえのことを、調整してくれています。

 

ところが、更年期に入ると卵巣機能が衰え始め、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が急速に減少してしまい、いったん乱れた自律神経はなかなか正常に戻りません。

 

ヨガには、ホルモンのバランスを整える働きがあるので、更年期障害を緩和することが期待できます。

 

気力がよみがえるヨガ

ヨガは内臓に適度な刺激を与えて、内臓のゆるみや緊張を正してくれます。

 

ヨガのポーズには、ねじったり、伸ばしたり、曲げたりなど、背骨に働きかけるポーズがたくさんありますが、背骨が矯正されると、その中を通る自律神経の働きも高まり、身体の中から元気が溢れてきます。

 

さらに背骨につながる骨盤のゆがみも矯正され、骨盤内の血流が良くなることから腰痛や冷え症が改善されやすくなります。

 

更年期障害に効果的なヨガ

ここからは現役の理学療法士でもあるクールマヨガインストラクターが、更年期症状の改善に効果的なポーズを2つお伝えしていきます。

 

コブラのポーズ

1、ひじを曲げ、あごを床につけ腹ばいになります。

2、息を吸いながらあごを前方に押し出すように上げ、胸をおこし10秒キープします。

3、さらに息を吸い、両腕を伸ばし、あごを真上に突きあげるようにしながらゆっくり背骨をそらします。10秒キープした後はゆっくり元に戻します。

コブラのポーズ①

コブラのポーズ②

コブラのポーズ③

 

このポーズをおこなうと背中が熱くなり、体全体が温まります。

 

更に脊柱が活性化されて自律神経の働きが高まり、イライラした気持ちがとり除かれ、気持ちが前向きになれます。

 

犬のポーズ

1、四つんばいになり両足を伸ばして腰を上げます。

2、息を吐きながら腰、肩、あごを後方に引き腰をできるだけ後ろに引きます。

3、お尻から恥骨を天井に突きあげるようなイメージで、身体を「へ」の字にしたまま、頭を上げて前方を見ます。

犬のポーズ①

犬のポーズ②

犬のポーズ③

 

四つんばいになって犬のような形を作るこのポーズをとると、背骨や両腕、両足が伸びて全身の血流がよくなります。

 

更年期症状は長い間に蓄積されたストレスもかかわってきますが、このポーズをおこなっているうちに、心も身体も元気になりストレスがなくなってきます。

 

2つポーズを紹介しましたが、大切なのはインストラクターの元へ通いつつ、毎日の習慣としてヨガを継続すること。

ヨガを100倍楽しめるようになる継続のチカラ

ヨガはダイエットに効果的?痩せ体質を作るとっておきのポーズ2選

 

継続することで、少しづつ身体の変化を感じることができるようになってきます。

 

 

血液をアルカリ性に導くヨガ

人の体は血液が弱アルカリ性だと健康で、酸性に傾くと不調になります。

 

普通スポーツを行うと、血圧が上がり血液は酸性になりますが、ヨガの場合は血液がアルカリ性化し、血圧が正常値になります。

 

これは、ヨガが身体の機能を整えるレーニング法だけでなく、呼吸法や瞑想法といった心身両方のバランスを整える効果があるからです。

 

毎日のヨガを習慣にしながら、食生活でもヒジキやワカメなどの海草類やシメジやシイタケなどのキノコ類、大豆や小豆などの豆類などアルカリ性の食材を摂取することで、更年期症状を改善する効果が期待できます。

 

まとめ

更年期にさしかかる頃は、仕事の責任や親の介護などでストレスがたまりがちな年代です。

 

長年の無理や不規則な生活などが更年期症状と重なって、どっと押し寄せてきます。

 

しかし、これは良い機会ととらえて、生活習慣を見直し運動不足をヨガで解消し、自分をいたわる暮らし方にシフトチェンジするようにしましょう。

The following two tabs change content below.
Azusa

Azusa

鹿児島県内の総合病院にて理学療法士として勤務。 理学療法士として勤務する傍ら、ヨガについて本格的に学ぶ。 ヨガベーシックインストラクターの資格を取得し、鹿児島市内のヨガ教室「クールマ-Kurma-」を設立。 現在はクールマ代表として、ヨガを通じ多くの人の豊かなライフスタイル実現を提案中。